田島医院は広島市南区で一般患者さんの診療のみならず、高齢者のデイケア、リハビリにも力を入れて診療しております。

設備紹介

  • HOME
  • » 設備紹介

物理療法室

温熱や電気などの物理的なエネルギーを利用する治療法です。
物理療法の目的は、主に痛みやシビレの緩和、むくみ、循環の改善などがあります。
当院では、温熱、EMS、低周波、SSP、牽引など様々な物理療法を患者様の症状に合わせて行っております。

温熱療法

温熱療法とは、熱、光線などの熱エネルギーを人体に加えることで、痛みの緩和、血流の改善、拘縮の軽減などの効果をもたらす治療法です。

【ホットパック】
当院は原材料Nopos®を用いた保温材を使用し、PCM (Phase Change Material:相変化物質) の“潜熱”を蓄熱材として初めて使用されたホットパックを用いており、一般の保温材シリカゲルと比較して、温度の安定性と持続性が向上しています。しっかりと蓄えられた熱がヒトの皮膚の深部まで入るので、より安定した血流量の改善が期待できます。

電気療法

電気療法とは、身体に電気刺激を加えることにより、痛みやシビレの緩和、神経損傷などで動かしにくくなった筋肉の収縮を促したりする治療法です。

【EMS】
深い部位にある神経や深層筋への直接的な電気刺激によって、痛みや痺れに対して効果を発揮します。皮膚表面の不快な刺激感覚を抑え、通電部位に自然な筋運動を促します。
慢性的な肩こりや腰痛などに対して使用するなど、EMSの筋肉に対する電気的な刺激(EMS)は様々なシーンで活用することができます。
【ウォーターベッド】
「水」本来の流体特性を「手技療法」に応用し、ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら、水圧刺激を使って全身をマッサージして、血液循環を良くし、筋肉疲労回復・むくみ改善に役立ちます。ジェットバスや打たせ湯のような、「柔らかくて力強い刺激感」で、お年よりや身体の弱っている方でも、あの気持ちよさを、服を着たまま横になるだけで感じることができます。

【干渉電流型低周波治療器】
干渉電流型低周波治療器とは、2種類の異なる電流を体内で交差するように流し、新しい周波数帯を発生させ、筋肉や神経の刺激を行う治療器です。

【SSP(Silver Spike Point)】
SSPは「刺さない鍼治療」の発想から開発された低周波治療器です。銀メッキ製の小さな円錐状の電極を使用しているため、先端部に電流が集中し、治療点への高密度な通電が可能です。

【牽引療法】
牽引療法とは椎間板や脊柱周囲の筋肉などを伸張することにより、頚椎、腰椎などの脊椎症や椎間板ヘルニアのほか、脊椎に起因する症状の軽減を図る治療法です。

【メドマー】
加圧・除圧を繰返すことにより筋の収縮・弛緩のポンプ動作を機械的に作り出し、末梢静脈血とリンパの還流を促進します。血液循環を良くし、筋肉疲労回復・むくみ改善の効果があります。

特浴

お気軽にお問い合わせください。 TEL 082-252-0031 8:30〜17:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

提携施設


メゾン東本浦

24時間介護付き有料老人ホーム

みんなで応援


ALL DREAM NET
ご縁でつながる文化交流ネットワーク